1. トップ
  2. すべての記事一覧
  3. Project44、サプライチェーンに取り組むため8000万ドルを調達

Project44、サプライチェーンに取り組むため8000万ドルを調達

この記事を保存する

Project44、サプライチェーンに取り組むため8000万ドルを調達


シカゴを拠点とする物流スタートアップ、Project44は、Generation Investment ManagementとA.P. Moller Holdingが主導する資金調達で8000万ドルを調達したと発表した。これまでの投資家であるGoldman Sachs、 Chicago Ventures、 Emergence Capitalがこのラウンドに参加した。

Crunchbaseのデータによると、同社は2014年の起業以来、合計で8億9750万ドルを調達している。project44によると、今回の新たな資金調達により、同社の価値は27億ドルに達したという。

Project44の資金調達は、物流分野では今のところ今年最大のラウンドの1つ。

年間経常収益4,400万ドルを計上したproject44は、黒字化への道筋を明確に打ち出している。同社はまた、サプライチェーン業界のカーボンフットプリントを再評価する予定。


Project44とは


物流企業の荷物配送状況の追跡を支援するリアルタイム可視化プラットフォームを提供。 同社のプラットフォームは世界でも最大級の交通業者や運送業者とつながっており、配送に関するディープデータを提供している。このデータには荷物の追跡など、配送される荷物の計画や文書記録に関するすべてのデータが含まれている。

Project44は、世界中の港や商品の動きに関するデータを収集し、サプライチェーンを管理するために1,200社と連携していると。そのインテルを使って、企業は問題を予測してリスクや遅延を軽減したり、輸送の効率性を見直してコスト削減を図ることができる。また、APIを利用して他のロジスティクス技術に接続することも可能である。

同社のデータは、企業が二酸化炭素排出量を削減できるような、気候に関する意思決定も可能にする。


参考リンク:https://news.crunchbase.com/transportation/supply-chain-logistics-project44-unicorn/


\SNSでシェア/
同じカテゴリの記事