1. トップ
  2. すべての記事一覧
  3. EVスタートアップのYuluが8200万ドルを調達し、車両と充電インフラを拡大へ

EVスタートアップのYuluが8200万ドルを調達し、車両と充電インフラを拡大へ

この記事を保存する

EVスタートアップのYuluが8200万ドルを調達し、車両と充電インフラを拡大へ


電気自動車のスタートアップであるYuluは、米国のモビリティ技術企業であるMagna International Incが主導するシリーズB資金調達ラウンドで8200万ドル(6億5300万インドルピー)を調達した。既存の投資家であるBajaj Auto Ltdもこの資金調達ラウンドに参加した。

Yuluは、調達した資金を、製品と技術の革新を通じてリーダーシップを強化し、同社の電気二輪車保有台数を1,000台以上に増やすために使用する予定。

また、YuluはMagnaと新会社を設立し、相互運用可能なバッテリーシステムを備えたバッテリースワップ・プラットフォームを構築する予定。


Yuluとは


2017年に設立されたYuluは、ベンガルール、ムンバイ、デリーNCRで持続可能なモビリティ・ソリューションを提供し、インドの交通渋滞や大気汚染の解決を目指している。また、電気自動車ユーザーにAI対応のバッテリー・アズ・ア・サービス(BaaS)プラットフォームを提供している。

YuluはIoT、クラウド、AIを利用して、アプリを通じて簡単にレンタルできる共有2輪車の広大なネットワークを構築している。現在、プネ、アーメダバード、ベンガルール、ニューデリー、ムンバイ、ブバネシュワーラの6都市でサービスを提供している。


参考リンク:https://inc42.com/buzz/ev-startup-yulu-raises-82-mn-to-offer-enhanced-baas-maas-services/

\SNSでシェア/
同じカテゴリの記事