1. トップ
  2. すべての記事一覧
  3. デバイス管理ソフトウェアのMosyle1億9600万ドルを調達

デバイス管理ソフトウェアのMosyle1億9600万ドルを調達

この記事を保存する

デバイス管理ソフトウェアのMosyle1億9600万ドルを調達


Appleデバイスのモバイルデバイス管理プラットフォームを提供するMosyleは、本日、Insight Partnersが主導し、StepStone GroupやElephant、Album VCなどの既存のの投資家が参加したシリーズB資金調達ラウンドで、1億9600万ドルを調達したと発表した。CEOのAlcyr Araujo氏は、Moysleが新製品であるApple Unified Platform for Businessを発表した際に行われたこのラウンドは、会社の成長支援と「イノベーションの促進」に充てられると述べている。


Mosyleとは


Mosyleのプラットフォームは、macOS、iOS、tvOSデバイス(Apple TVなど)向けのデバイス管理、エンドポイントセキュリティ、インターネットプライバシー、アイデンティティおよびアプリケーション管理機能を提供している。Mosyleを使用することで、企業は例えば従業員にMacを提供し、特定のアプリがインストールされた状態で起動し、セキュリティ設定が強制されるように設定することができる。

Mosyleの新しいApple Unified Platformは、ウイルス対策やマルウェア対策、リモートワイプやロックツール、共有デバイスや特権アカウント管理への対応など、さらに進んだ機能を提供する。Apple Unified Platformは、AppleのエンドポイントにおけるWebフィルタリングのための暗号化DNS機能や、ID管理のためのシングルサインオン機能と2ファクタ認証の組み合わせも備えている。さらに、Apple Unified Platformでは、App Storeでアプリが入手可能かどうかにかかわらず、Apple製端末に対応アプリをリモートで導入、更新、管理することができる。


参考リンク:https://techcrunch.com/2022/05/04/mosyle-rides-its-device-management-software-to-the-bank-raising-196m/


\SNSでシェア/
同じカテゴリの記事