1. トップ
  2. すべての記事一覧
  3. 海外注目交通手段スタートアップ資金調達金額ランキング 1位は中国大手ライドシェア企業の…!

海外注目交通手段スタートアップ資金調達金額ランキング 1位は中国大手ライドシェア企業の…!

この記事を保存する

現在注目されているスタートアップ企業情報をランキング形式で紹介。


今回は資金調達額の大きい交通手段企業5社を取り上げる。

*調達額は2021年3月時点の数字


第1位 中国大手ライドシェア企業のDiDi 2021年4月に$1.5B調達 累計調達額は$22.7Bに




北京に本社を置き、5億5000万人以上のユーザーと数千万人のドライバーを抱える中国のハイヤー企業。 タクシーの手配、自家用車の手配、ライドシェア、自転車シェアリングなどのアプリベースの交通サービス、オンデマンド配送サービス、自動車の販売、リース、融資、メンテナンス、車両運用、電気自動車の充電、自動車メーカーとの共同開発などの自動車サービスを提供している。自動運転車の量産を目指し、現在、中国の北京、上海、蘇州、アメリカのカリフォルニアでオープンロードテストのライセンスを取得した。



企業情報

会社名 Didi Chuxing ディディチューシン

プロダクト/サービス ライドシェア

ウェブサイト https://www.didiglobal.com/

本社のある国/地域 中国

設立年度 Sep 1, 2012

創業者 Bo Zhang, Wei Cheng

ステータス -

投資家 Booking Holdings, Toyota Motor,  

Citigroup, Barclays, Goldman Sachs

調達額 $22,746,700,000

キーワード モバイルアプリ、公共交通機関、ライドシェアリング、交通

第2位 シンガポール発スーパーアプリ Grab $12.1B調達




東南アジアでナンバーワンの配車アプリ、食品配達サービス、キャッシュレス決済ソリューションなどを1つにまとめたスーパーアプリ。2018年3月にはUberの東南アジア事業を買収し、シンガポール、カンボジア、ミャンマー、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシアの8カ国でサービスを展開している。2021年1月にはデットファイナンシングで$2B調達。


企業情報

会社名 Grab 

プロダクト/サービス スーパーアプリ

ウェブサイト www.grab.com

本社のある国/地域 シンガポール

設立年度 Jun 2012

創業者 Anthony Tan, Tan Hooi Ling

ステータス 

投資家 Signite Partners, Stic Investment, Krungsri Finnovate, Mitsubishi UFJ Financial Group, TIS Japanなど

調達額 $12,147,750,000

キーワード カーシェアリング、食品配達、ライドシェアリング、交通

第3位 都市のための自動運転サービス Cruise $7.3B調達




General Motorsのサブ組織、Microsoftとの提携で研究開発から全電動式のシェアード型自動運転車の商業化への勢いを見せる自動運転サービス企業。人々が大切にしている場所、モノ、体験を安全につなぐために、世界最先端の自動運転車を開発している。クルーズの自律走行車は、サンフランシスコの路上で、最も困難で予測不可能な運転環境をナビゲートしている。当社の車両はGMの専用製造工場で自動運転を目的に製造されている。最先端のハードウェアとソフトウェアがシームレスに連携し、交通手段のあり方を変えている。2021年1月にGeneral MotorsとMicrosoftから$2B調達。


企業情報

会社名 Cruise

プロダクト/サービス 自動運転サービス

ウェブサイト http://www.getcruise.com

本社のある国/地域 アメリカ

設立年度 2013

創業者 Daniel Kan, Jeremy Guillory, Kyle Vogt

ステータス 

投資家 Honda Motor, Microsoft, General Motors, SoftBank Vision Fund, T. Rowe Priceなど

調達額 $7,268,800,000

キーワード 自動車、自律走行車、ロボット工学、ソフトウェア、交通

第4位 「中国版テスラ」との呼び声の高いEVメーカー NIO 累計調達額5.4B




中国発のEVメーカー。次世代EVのスマート化にも取り組んでおり、2021年1月に発表されたET7モデルには自動運転機能も搭載。また、サブスクリプション型電気自動車用バッテリー提供サービス(BaaS バッテリー・アズ・ア・サービス)も展開。自動車メーカーによるプレミアムサービスの定義を書き換え、自動車オーナーシップの経験をより素晴らしいものにすることを目標としている。


企業情報

会社名 NIO NIO 

プロダクト/サービス 電気自動車、サブスクリプション型バッテリー提供サービス

ウェブサイト www.nio.com/

本社のある国/地域 中国

設立年度 Nov 2014

創業者 Jack Cheng, Lihong Qin, William Li

ステータス 上場済み

投資家 Hefei City Construction and Investment Holding Group, CMG-SDIC Capital Management, Anhui Provincial Emerging Industry Investment, Tencent Holdings, William Liなど

調達額 $5,434,271,279

キーワード 自動車、電気自動車、エレクトロニクス、製造、輸送

第5位 米配車サービスのLyft 累計調達額は$4.9B




ライドシェアサービスを提供するスタートアップ。自動車運輸モバイルアプリケーションの開発、マーケティング、運営を行い、アメリカ合衆国およびカナダ(オンタリオ州)の約300都市で営業を行っている。付近のドライバーと乗客をマッチさせる基本的なサービスに加えて、同じ方向に向かう他の乗客同士をマッチさせる最も安価なLyft Line、乗客を6座席の車両とマッチさせるLyft Plus、乗客を4人乗りの高級車とマッチさせるLyft Premier、乗客を高級車とマッチさせるLyft Lux という乗車方法を提供している。


企業情報

会社名 Lyftリフト

プロダクト/サービス 配車サービス

ウェブサイト https://lyft.com

本社のある国/地域 アメリカ

設立年度 May 22, 2012

創業者 John Zimmer, Logan Green

ステータス IPO

投資家 Fidelity Management and Research Company, Magna International, Comcast Ventures, CapitalG, Manhattan Venture Partners

調達額 $4,912,500,000

キーワード モバイルアプリ、ピア・ツー・ピア、ライドシェアリング、交通


\SNSでシェア/
同じカテゴリの記事