1. トップ
  2. すべての記事一覧
  3. 海外注目リーガルテックスタートアップ資金調達金額ランキング 1位はギグエコノミーで注目されているあの会社

海外注目リーガルテックスタートアップ資金調達金額ランキング 1位はギグエコノミーで注目されているあの会社

この記事を保存する

現在注目されているスタートアップ企業情報をラインキング形式で紹介。


今回は資金調達額の大きいリーガルテック企業5社を取り上げる。

*調達額は2021年3月時点の数字




第1位 ギグワーカーの「履歴チェック」企業Checkr 累計資金調達額は$309M




人事採用に応募してきた人材のバックグラウンドをチェックするプラットフォームを提供。Yanisseと共同創業者のJonathon Perichonの2人は、デリバリー企業のDelivに勤務中に、履歴チェックのずさんさに気づき、2014年にCheckrを創業。企業はAPIで各種機能を呼び出して活用できる。反社会勢力排除などのために、従業員のバックグラウンドをチェックしたい金融業界から引き合いが増えている。現在ウーバーやインスタカート、人材派遣企業のアデコなどでも活用されている。


企業情報

会社名 Checkr チェックル

プロダクト/サービス 人材の履歴チェック

ウェブサイト https://checkr.com/

本社のある国/地域 アメリカ

設立年度 2014

創業者 Daniel Yanisse, Jonathan Perichon

投資家 T. Rowe Price, IVP, YCombinator, Accel, Coatue

調達額 $309,000,000

キーワード 開発者向けAPI、エンタープライズソフトウェア、人材、情報サービス、インターネット、法務、リーガルテック、ソフトウェア


第2位 訴訟ファイナンスのValidity Finance 累計調達額は$300M




訴訟ファイナンスのパイオニアであるRalph Suttonよって設立。クライアントは必要なときに迅速に資金を調達でき、当事者が資金的にあきらめざるを得ないような訴訟を起こせるように支援する。また、法律事務所に対する資金提供をすることで、依頼人に報酬請求することなく事務所運営の資金繰りを円滑にすることができ、弁護士の資金繰りからの精神的なストレスを軽減する。


企業情報

会社名 Validity Finance ヴァリディティ・ファイナンス

プロダクト/サービス 訴訟費用支援

ウェブサイト https://validity-finance.com/

本社のある国/地域 アメリカ

設立年度 2018

創業者 Ralph Sutton

投資家 TowerBrook Capital Partners

調達額 $300,000,000

キーワード コンサルティング、金融、金融サービス、フィンテック、法務、パーソナルファイナンス



第3位 訴訟費用支援のLegalist 累計調達額は$100M




アルゴリズムを利用して、中小企業への訴訟資金調達により平等な法廷へのアクセスを実現するリーガルテックスタートアップ。Eva Shengにより、2016年に設立。1989年に遡って裁判データを収集し、裁判結果に関連づけられた58種類の変数を分析して、個別の訴訟についてリスクや裁判期間等を推定する。


企業情報

会社名 Legalist リーガリスト

プロダクト/サービス 訴訟費用支援

ウェブサイト https://www.legalist.com/

本社のある国/地域 アメリカ

設立年度 2016

創業者 Christian Haigh, Eva Shang

投資家 Y Combinator, Refactor Capital, Jason Gray, Vy Capital

調達額 $100,000,000

キーワード 解析、コンサルティング、法務、リーガルテック、ソフトウェア



第4位 弁護士向け業務効率化ツールEverlaw 2020年3月に$62M調達





弁護士向けのクラウドベースでの電子証拠開示プラットフォーム。2010年創業、本社はオークランド(カリフォルニア州)。アメリカの民事訴訟時に必要となる膨大な量の開示資料(証拠となりうるeメールやPDFを始めとする様々な電子データ)を迅速に検索可能。AIを活用することで、1時間に50万件ものドキュメントの処理が可能。チームメンバーとのコラボレーション機能も併せ持つ。現時点で300以上の弁護士事務所、約50の州検事が顧客。


企業情報

会社名 Everlaw エバーロー

プロダクト/サービス 弁護士向け業務効率化ツール

ウェブサイト https://www.everlaw.com/

本社のある国/地域 アメリカ

設立年度 Oct 28, 2010

創業者 AJ Shankar, Jeffrey Friedman

投資家 Capital G, Andreessen Horowitz, K9 Ventures, Menlo Ventures, Ulu Ventures

調達額 $96,604,995

キーワード クラウドコンピューティング、文書管理、電子情報開示、法務、リーガルテック、生産性ツール、プロジェクト管理



第5位 不動産登記・保険向け業務支援システムのQualia 2020年12月に$65Mを調達




不動産登記・保険向け業務支援システムの開発を強化。煩雑になりがちな不動産の契約をオンライン上で完結出来るプラットフォームを提供。また、契約に関するタスクを管理する為のダッシュボードも提供しており、Qualiaを利用する事によって、不動産に関わる様々な業務を一括管理。FidelityやFirst Americanといった超大手に導入されており、同業界で20万人以上のユーザーを抱え、全米の不動産取引の15%でQualiaが利用されている。カリフォルニア州サンフランシスコを拠点。


企業情報

会社名 Qualia クオリア

プロダクト/サービス 不動産登記・保険向け業務支援システム

ウェブサイト https://www.qualia.com/

本社のある国/地域 アメリカ

設立年度 2015

創業者 Joel Gottsegen, Lucas Hansen, Nate Baker

投資家 Tiger Global Management, 9Yards Capital, Human Capital, 8VC, Bienville Capital

調達額 $95,000,000

キーワード エンタープライズ・ソフトウェア、財務、リーガルテック、不動産、ソフトウェア


\SNSでシェア/
同じカテゴリの記事