1. トップ
  2. すべての記事一覧
  3. 海外注目コンピュータビジョン・スタートアップ資金調達金額ランキング 1位はウェラブルコンピュータ開発のあの企業

海外注目コンピュータビジョン・スタートアップ資金調達金額ランキング 1位はウェラブルコンピュータ開発のあの企業

この記事を保存する

現在注目されているスタートアップ企業情報をランキング形式で紹介。


今回は資金調達額の大きいコンピュータビジョン企業5社を取り上げる。

*調達額は2021年3月時点の数字


第1位 ウェアラブルコンピューター開発のMagic Leap 2020年5月に約377億円を調達




「テクノロジーが人間に調和する、より良い世界の創造」をミッションに、ヘッドマウントディスプレイ (HMD) 方式の複合現実ウェアラブルコンピュータを開発するアメリカ合衆国の企業。世界中から資金調達する同社は、日本ではNTTドコモ社と資本・業務提携に合意しており、5G時代における新サービスの創出と市場拡大を狙う。


企業情報

会社名 Magic Leap マジック・リープ

プロダクト/サービス ウェアラブルコンピューター

ウェブサイト https://magicleap.com

本社のある国/地域 アメリカ

設立年度 2011

創業者 Brian Schowengerdt, Rony Abovitz

ステータス -

投資家 NTT DoCoMo, AT..., Saudi Arabia's Public Investment Fund, Axel Springer Digital Ventures, Janus Henderson

調達額 $2,978,500,000

キーワード 強化現実、コンピュータビジョン、家電、ソフトウェア、ビデオ、ウェアラブル


第2位 画像・顔認識技術のSensetime 時価総額は75億ドル




AIを利用した画像・顔認識技術を牽引する中国企業。中国公安部門での画像・顔認識技術の使用増加や、中国最大の地下鉄運営会社 Shanghai Shentong Metro Group(上海申通地鉄集団)との間で、交通モニタリングのための行政協力を結び、収益を増加させている。2019年1月にはAIが運転を学習する場所として、茨城県常総市の自動車学校の跡地を活用し、テストコース「AI・自動運転パーク」も開設している。


企業情報

会社名 SenseTime センスタイム

プロダクト/サービス 画像・顔認識技術

ウェブサイト https://www.sensetime.com/

本社のある国/地域 中国

設立年度 Oct 2014

創業者 Bing Xu, Li Xu, Xiaogang Wang

ステータス -

投資家 HOPU Investment Management Company, Silver Lake, SoftBank Vision Fund, Tiger Global Management, Fidelity International

調達額 $2,640,000,000

キーワード 人工知能、コンピュータビジョン、顔認識、画像認識、機械学習、ソフトウェア


第3位 小売業向けに様々なソリューションを提供 Trax $1B調達




2010年に創業し、シンガポールに本社を置くTrax社は小売業向けにインストア・エグゼキューション・ツール、市場計測サービス、データサイエンス・ソリューションなどのソリューションを提供している。世界トップレベルのCPG企業や小売企業の多くがTraxのダイナミックマーチャンダイジング、インストアエグゼキューション、ショッパーエンゲージメント、市場計測、分析、シェルフモニタリングなどのソリューションを大規模に利用している。2021年4月にシリーズEで$640M調達している。


企業情報

会社名 Trax トラックス

プロダクト/サービス リテール・ソリューション

ウェブサイト https://traxretail.com/

本社のある国/地域 シンガポール

設立年度 2010

創業者 Dror Feldheim, Joel Bar-El

ステータス -

投資家 Asas Capital, OMERS, SoftBank Vision Fund, BlackRock, Sony Innovation Fundなど

調達額 $1,006,900,000

キーワード 分析、コンピュータビジョン、画像認識、情報サービス、情報技術、リアルタイム、小売技術


第4位 軍事機関や国境監視のための技術を構築 Anduril Industries $691M調達




軍事機関や国境監視のための技術を構築する防衛製品会社。Anduril社は、国家安全保障上の最も複雑な課題を解決するために優秀な技術者を投入し、国とその利益を守るために最前線で働く人々を支援し、保護するための次世代の技術を構築している。2021年6月にシリーズDで$450M調達し、評価額も$4.6Bにまで上昇した。


企業情報

会社名 Anduril Industries アンドュリル・インダストリーズ

プロダクト/サービス 国土防衛製品

ウェブサイト https://www.anduril.com/

本社のある国/地域 アメリカ

設立年度 2017

創業者 Brian Schimpf, Joseph Chen, Matt Grimm, Palmer Luckey, Trae Stephens

ステータス -

投資家 Jovono, D1 Capital Partners, Elad Gil, Valor Equity Partners, General Catalystなど

調達額 $691,000,000

キーワード 航空宇宙、コンピュータビジョン、国家安全保障


第5位 写真撮影をエンハンス Meero $293.4M調達




フォトグラファーが自分の情熱に専念できるようにすることで、写真の世界に革命を起こすことを目指しているフランスのオンデマンド・フォトグラフィー・プラットフォーム。収益や市場調査の提供から、請求書の発行、ポストプロダクション、納品に至るまで、Meeroは業界を悩ませる手間と時間のかかる作業をすべて代行する。とりわけ、ファイルの互換性、CRM、マーケティングなど、日常的に必要とされるツールを提供することを目指している。さらに、一連の教育的なマスタークラス、刺激的なドキュメンタリー、35カ国の写真家とのミーティング、2カ国語の雑誌、そして世界の写真を支援する財団へのアクセスが可能になる。同社が現在開発している最先端のコンテンツ・エンリッチメント技術は、写真編集を数秒にまで短縮することができ、長い納期、一貫性のない写真レンダリング、不当な価格といった問題を解決する。


企業情報

会社名 Meero ミーロ

プロダクト/サービス フォトグラフィープラットフォーム

ウェブサイト https://www.meero.com

本社のある国/地域 フランス

設立年度 2016

創業者 Guillaume Lestrade, Thomas Rebaud

ステータス -

投資家 Cascade Ventures, Idinvest Partners, Eurazeo, White Star Capital, Global Founders Capital

調達額 $293,434,612

キーワード 人工知能、コンピュータビジョン、機械学習、写真、ビデオ


\SNSでシェア/
同じカテゴリの記事