1. トップ
  2. すべての記事一覧
  3. IoTセキュリティのOrdr、医療機器、産業機器の保護に4,000万ドルを調達

IoTセキュリティのOrdr、医療機器、産業機器の保護に4,000万ドルを調達

この記事を保存する

IoTセキュリティのOrdr、医療機器、産業機器の保護に4,000万ドルを調達


カリフォルニア州サンタクララを拠点とするOrdrは、Battery VenturesとTen Eleven Venturesが共同出資する4000万ドルのシリーズCを完了した。

Ordrは現在までに9000万ドル以上を調達している。


Ordrとは


2015年に設立されたOrdrは、IoT(その派生分野である医療モノのインターネットやオペレーション技術を含む)において増加する接続デバイスの管理とセキュリティ確保を支援することを目指している。同社のプラットフォームは、ネットワーク上の資産の可視化、ポリシーの適用、インシデントレスポンスの迅速化を実現している。

Ordrはゼロタッチエージェントレス展開、複数の利害関係者のための1つの共通プラットフォーム、およびデバイスを保護するためのポリシーの自動化を通じて、接続されたデバイスのセキュリティをシンプルにすることに重点を置いている。Ordrを使用すると、ネットワークに接続されているものをリアルタイムで常に正確に知ることができ、何が脆弱で、何が悪意を持って動作しているのか、そしてその理由がわかる。その後、接続されているデバイスの応答を自動化し、ネットワークおよびセキュリティインフラストラクチャに適用できる。 従来のITデバイスから、より新しく脆弱なIoT、IoMT、OTまで、接続されているすべてのデバイスを保護するという複雑な問題をシンプルにする。


参考リンク:https://news.crunchbase.com/cybersecurity/ordr-funding-security-iot/

\SNSでシェア/
同じカテゴリの記事