1. トップ
  2. すべての記事一覧
  3. インドのフードデリバリースタートアップSwiggy 評価額55億ドルで12.5億ドル調達

インドのフードデリバリースタートアップSwiggy 評価額55億ドルで12.5億ドル調達

この記事を保存する

インドのフードデリバリースタートアップSwiggy 評価額55億ドルで12.5億ドル調達

インドのフードデリバリー企業「Swiggy」はSoftBank Vision Fund 2とProsus Ventures (旧 Naspars Ventures)が主導するシリーズJの資金調達ラウンドで12.5億ドルを調達したと発表。この資金調達には2021年初めにバンガロールを拠点とする同社の従業員に開示された8億ドルも含まれるという。

今回の資金調達は食品以外のデリバリーサービスを拡充するために使用される。SwiggyはCOVID-19の感染者と死亡者の急増と戦っているインド国内のパンデミックによりロックダウンが施行されるかな、過去15カ月間で大きな成長を遂げたとしている。

Swiggy社のCEOであるSriharsha Majety氏は、声明の中で次のように述べている。

“Our biggest investments will be in our non-food businesses that have witnessed tremendous consumer love and growth in a short span, especially in the past 15 months of the pandemic,” 

「弊社の最大の投資先は食品以外の事業です。特にパンデミックの15ヶ月間、短いスパンで多くの消費者から愛され、そして成長してきた分野です」

“I believe the next 10-15 years offer a once-in-a-lifetime opportunity for companies like Swiggy as the Indian middle class expands and our target segment for convenience grows to 500 million users."

「今後10-15年間というのは、インドの中産階級が増え、Swiggyのターゲットである利便性を求めるユーザー層が5億人に増えるでしょう。私たちにとっては一生に一度のチャンスであると信じています」


参考:https://news.crunchbase.com/news/briefing-7-20-21/

\SNSでシェア/
同じカテゴリの記事