1. トップ
  2. すべての記事一覧
  3. Zenas BioPharma、自己免疫疾患治療薬の幅広いパイプラインを推進するため、1億1800万ドルを調達

Zenas BioPharma、自己免疫疾患治療薬の幅広いパイプラインを推進するため、1億1800万ドルを調達

この記事を保存する

Zenas BioPharma、自己免疫疾患治療薬の幅広いパイプラインを推進するため、1億1800万ドルを調達


 免疫系治療薬の開発・商業化のリーダーとなることを目指すグローバルバイオ医薬品企業、Zenas BioPharma は、シリーズB優先株発行に伴う1億1800万ドルの資金調達について発表した。シリーズBのエクイティファイナンスを主導したEnavate Sciencesに加え、Longitude Capital、Vivo Capital、Rock Springs Capital、Perceptive Advisors、Agent Capital、Pivotal bioVenture PartnersおよびSuperstring Capitalが新たにZenasの株主となる。既存の投資家であるFairmount、Wellington Management、Tellus BioVentures、Quan Venture FundおよびXencor, Inc.もこの資金調達に参加し、新規資金の投入と、シリーズB資金調達の完了に先立って一部の投資家に発行した転換社債の転換が行われた。

今回の資金調達で得られた資金は、2022年後半に開始予定のIgG4関連疾患(IgG4-RD)患者を対象としたグローバル第3相登録試験など、当社の主力製品であるObexelimabの臨床進歩を支援するもの。さらに、今回の資金調達により、同社の他のグローバル自己免疫疾患プログラムを2023年に臨床開発へと進展させる。



Zenas BioPharmaとは


Zenas BioPharmaは、世界中の患者のために免疫系治療薬の開発・商業化のリーダーとなることを目指すグローバルなバイオ医薬品企業。グローバルに臨床開発と事業を展開する同社は、アンメット・メディカル・ニーズの高い領域において、ファースト・イン・クラスの自己免疫疾患治療薬をバランスよく取り揃え、ダイナミックなグローバル医療環境における価値要件に応えており、自己免疫疾患や希少疾患に直面している人々の生活を改善するために、革新的な治療薬を提供するための優れたオペレーションを推進している。


参考リンク:https://unsplash.com/ja/s/%E5%86%99%E7%9C%9F/biotechnology

\SNSでシェア/
同じカテゴリの記事