1. トップ
  2. すべての記事一覧
  3. サイバーセキュリティ企業のSemperisがKKR主導のラウンドで2億ドル超を調達

サイバーセキュリティ企業のSemperisがKKR主導のラウンドで2億ドル超を調達

この記事を保存する

サイバーセキュリティ企業のSemperisがKKR主導のラウンドで2億ドル超を調達


米サイバーセキュリティソフトウェアのSemperisは、プライベートエクイティ企業のKKR&Co Inc(KKR.N)が主導する資金調達ラウンドで、前回より大幅に高い評価額で2億ドル超を調達したと発表した。

Insight Partnersなどの既存投資家とTen Eleven Venturesなどの新規投資家がKKRに加わり、このラウンドに参加した。

同社は最新の評価額を明らかにしていないが、2020年5月に4000万ドルを調達した後の評価額は約1億4200万ドルだったと、非公開市場データ提供会社PitchBookのデータで示している。

今回の資金調達により、米国、カナダ、イスラエルで研究開発チームを増強し、欧州とアジアで顧客基盤を拡大し続ける計画とのこと。



Sepmerisとは


2014年に設立されたSemperisは、フォーチュン500社の各業界で広く利用されているディレクトリサービスであるマイクロソフトのActive Directoryを中心に、ハイブリッドActive Directoryユーザー向けのアイデンティティセキュリティソリューションを提供しており、IDに関連するインシデントへの対応ツールも提供している。


参考リンク:https://www.reuters.com/technology/cybersecurity-firm-semperis-raises-over-200-mln-kkr-led-round-2022-05-24/

\SNSでシェア/
同じカテゴリの記事