1. トップ
  2. すべての記事一覧
  3. 充電スタートアップTeraWatt Infrastructureが10億ドル以上調達

充電スタートアップTeraWatt Infrastructureが10億ドル以上調達

この記事を保存する

充電スタートアップTeraWatt Infrastructureが10億ドル以上調達



サンフランシスコに拠点を置く充電スタートアップTeraWatt Infrastructureは、10億ドル以上のシリーズAを完了した。

Vision Ridge Partnersが運営するファンドと、既存の投資家であるKeyframe CapitalとCyrus Capitalからの投資である。同社は以前、1億ドルのシードラウンドを調達していたという。

同社によると、今回の資金注入は、充電センターの拡大ポートフォリオの構築など、さらなる開発と拡張のために使用される予定。

Crunchbaseのデータによると、このラウンドは、今年、電気自動車分野でVCに支援された新興企業が調達した最大のもの。



TeraWatt Infrastructureとは


2021年5月にステルスから立ち上げられたTeraWattは、小型から大型のフリートの運用のために充電ステーションのネットワークを構築してきた。同社は「戦略的に適切な」場所で不動産を取得し、顧客が独自のインフラを所有・運用する必要なくEVフリートを運用できるよう支援する。


参考リンク:https://news.crunchbase.com/transportation/terawatt-infrastructure-ev-charging-vision-ridge/

\SNSでシェア/
同じカテゴリの記事