1. トップ
  2. すべての記事一覧
  3. 教育資金調達プラットフォームGiveCampusが5,000万ドルを調達

教育資金調達プラットフォームGiveCampusが5,000万ドルを調達

この記事を保存する

教育資金調達プラットフォームGiveCampusが5,000万ドルを調達


教育関連非営利団体のための資金調達プラットフォームGiveCampusは月曜日、Silversmith Capital Partnersの主導で5000万ドルを調達したことを発表した。Y CombinatorのマネージングディレクターであるMichael SeibelとStripeの役員であるClaire Hughes Johnsonも参加している。



GiveCampusとは


同GiveCampusは、非営利団体が資金調達能力をより効率化できるようにするために2014年に設立された。GiveCampusは、学校にとってのPatreonのようなもので、VenmoやPayPalなどのフィンテック・プラットフォームからの寄付の受け取り、直接の寄付の記録、暗号通貨の受け入れなどができ、寄付者ができるだけ簡単に寄付できるよう効果的に機能している。また、アクティブな卒業生を特定し、継続的な寄付を促進することができる。

ワシントンD.C.を拠点とするこのスタートアップは2015年に立ち上げられ、以来1,000以上の教育機関に20億ドルの寄付を処理してきた。同社は年間2000万ドル以上の収益を見込んでおり、2016年以来黒字を維持している。


参考リンク:https://news.crunchbase.com/edtech/venture-capital-fundraising-schools-startups/



\SNSでシェア/
同じカテゴリの記事